大人ニキビとあごニキビ

ニキビができやすい顔の場所はだいたい決まっています。まず、皮脂の分泌が盛んな額から鼻にかけての「Tゾーン」、次いで口の周りやあご周辺にかけての「Uゾーン」です。特にあごニキビは慢性的にできてしまう人も多く、悩みの種となってしまいます。
あごニキビと言えば、一昔前の俗説で「思われニキビ」と言われることもありました。ですがニキビの原因はどの場所にできるものであれ、肌の毛穴に皮脂や古い角質が詰まったものなので、できたことを喜ぶばかりというわけにはいきません。あご周辺の「Uゾーン」にできるニキビはどちらかというと20歳以降の大人ニキビとして出るケースの方が多くなっています。
あごニキビの原因は、主にストレスによるホルモンバランスの崩れです。大人ニキビは皮膚の薄い部分により出やすいという特徴もあるため、日々のストレスによる体調の乱れがあると、すぐに表に出てきてしまうのです。反対に、あごにニキビが出てきたら、「ストレスがたまってきているのかな」と生活を振り返ってみてください。ストレスがかかると分泌されるホルモンの量に変化が出るので、肌の皮脂分泌量も影響を受けます。
あごニキビは慢性的に顔に出続けることも多いニキビでもあります。改善のためには顔を清潔に保ちつつ、毎日の生活で感じているストレスに対処する方法を考えるようにしてください。ニキビを気にし過ぎて指などでいじりすぎてしまうと、治ったあとも肌に残ってしまう痕になってしまいます。