ニキビを作らないための洗顔方法

ニキビで悩む人に効果的なのが、洗顔方法の改善です。ドラッグストアなどには「ニキビ対策用」の洗顔料やケア商品がたくさん並んでいます。ですが、どのグッズを使うにしても自分の肌質にあったものを選び、正しい使い方をしてゆくことが大切なのです。
ニキビを防ぐ洗顔方法の基本とは、余分な皮脂とともに角質を取り除き毛穴をキレイにすることです。よく間違ってされがちなのが、キレイにしたいと思うために、洗う回数を非常に多くしたり、一度の洗顔をするときにゴシゴシと強く皮膚をこすりすぎてしまうことです。皮膚には適切な量の皮脂が常にカバーされているのが正常な状態であり、あまり過剰に皮脂を取り過ぎたりしては、かえって皮膚に負担を与えてニキビをできやすくしてしまいます。
洗顔方法の順序は、まず洗顔用の石けんやフォームを丁寧に泡立てます。肌に直接つけるのではなく、できれば泡だてネットなどを使ってきめ細かい泡を作ってから使いましょう。また、最初に濡らしておく顔には冷水ではなくぬるま湯を使うことも大切です。
洗顔料を顔につけるときには、できれば指が顔を直接こすることのないように泡を使って柔らかく触れるようにします。泡を軽く毛穴に押し当てるようなイメージで、顔の中心から外側に向かって円を描くようにして洗っていきます。洗い終わったら同じくぬるま湯を使ってざっと流します。このときも顔を強くこすることのないようにします。洗顔料が顔に残らないよう丁寧にすすぎましょう。